身近なところから海洋環境に着目!セブンイレブンのおにぎりに見えた”減プラスチック”

どうも、こばゆうです🌿



先日、職場についてからセブンイレブンで買ったおにぎりを朝ごはんとして食べていた時のこと。


一つ、ちょっと驚くポイントを発見してしまいました👀



こちら!


FF6C1020-DC00-4A2C-9586-A4D1DE3BA7A7.jpeg

紙製の包装、のマークが😳


たしかに紙っぽい素材で、破る際の音もフィルムとは違ってばりばりと破れる音がします📜



コンビニのおにぎりを買ったときに、透明のフィルムやビニルがパッケージとして使われているのはよく見ますが、紙素材のパッケージは改めて考えると珍しいですよね😆


普段からセブンイレブンでも買い物をしていたはずなんですが、よくよく気付いて驚きました。



フィルムやビニルはいわゆるプラごみ、として処理されますが、ご存じの通りこれは燃やされません。


紙素材は燃やして処理したり溶かしてリサイクルされたり等されますが、プラごみはなんと埋め立てられるんです☝️



プラごみの埋め立て地を想像したときに、僕自身はあまりプラスなイメージは持ちません。


ごみである以上に、その多くが海へ流出し海洋上を漂流しているからです。



以前にも、海洋上のごみ問題について学べる映画についてご紹介しましたね。詳しくはこの映画で分かりやすく学べるので、すごくオススメです✨


以前の記事:

【映画鑑賞】環境問題や人体への影響を描くドキュメント"プラスチックの海": こばゆうの秘密基地 (seesaa.net)



映画の中でも出てくる、プラごみが細かくなって海洋中に残る「マイクロプラスチック」。


これが、今海洋環境における問題となっており対策が急がれていますね🌊



対策についても重要ですが、さらに重要なのは消費者一人一人がプラごみをできるだけ減らすこと。


全く持って0にするのは中々難しいかもしれませんが、普段から食べるごはんから出るごみが、紙ごみだけのものを選ぶ。


買い物袋をもらわずエコバッグを携帯する。


こういったことでも、一人一人が意識することでプラごみを減らすことに繋がりますね。



僕も、セブンイレブンのおにぎりは紙包装のものを選んで、買い物しようと思いました💪


ごみ問題やエコロジーを身近に感じる、セブンイレブンのエコ活動の発見でした✨

この記事へのコメント