【名言】B組だけではない、みんなの担任の先生。あの人の名言!

”人という字は互いに支えあってヒトとなる。”



どうも、こばゆうです🌿


当時、ドラマを見ていなくともこの言葉を知っている人は多いのではないでしょうか。


僕も、ストレートなメッセージながら本当に普段の生活や仕事でもその通りだと感じている言葉です。



この名言を生み出した人は、そう。


3年B組担任の、金八先生ですね✨


BE5F2098-00F2-4FB1-8822-689BB4DB1333.jpeg

引用元:

金八先生からのお話(インタビュー)|TBSテレビ:3年B組金八先生ファイナル~「最後の贈る言葉」4時間SP


1972年から32年間もの間、多くの生徒へ大切なものを説き続けた先生、金八先生。


それは単なる勉学としてではなく、人との関わりや愛情など、人間的な部分で多くの人の心に響くメッセージを伝えられました。



名言コーナーで登場してきた有名人や偉人、キャラクターの多くもそうですが、金八先生においても名言を出し続けたら一年間金八先生で終わってしまいそうなくらい、深いメッセージの言葉が多いですよね😆


僕自身、リアルタイムで見ていませんでしたが、今なお語られる金八先生の活躍やキャラクターの愛情深さから、当時人気を博したドラマとなったことは想像に難しくありません。



冒頭の名言においても、家族や恋人、友人達や仕事仲間、自分の人生がどれ程の人で出来ていて、どれくらい支えられているのか。考え始めるとすべてと言っても良いかもしれません✨


色々な感想が出てくる名言ですね☺️



なんとか時間を作り出して、32年分のストーリーをイッキ見できるといいのですが😂


積み重なった歴史と名言と愛情は、金八先生ならではのものですね💪



ということで!

愛情と歴史の高く深く積みあがった金八先生の名言でした✨

この記事へのコメント